ビジネスローンを利用する際の注意点

ビジネスローンを利用する際の注意点

MENU

ビジネスローンを利用する際の注意点

ビジネスローンは事業者にとって無担保で素早い融資をしてくれる存在であるため、
社会的な信用がまだ十分蓄積できていないような企業にとっては非常に重要な存在となります。

 

しかしながらビジネスローンはそうした特徴があるからこそ、公的融資や銀行からの融資とは別の物として考える必要があるのです。

 

ではビジネスローンを考える際の注意点はどこにあるのかというと、まず基本としてその利率の高さがあります。
短期間で完済することを想定しているのであれば問題はありませんが、公的融資などの代用品として用いようとするのであればそれは誤りです。

 

長期間かけて返済していく大口の借り入れは、なるべくビジネスローンを利用しないようにするのが基本です。

 

次に注意するべきとなるのが返済方法の選択です。

 

通常の消費者向け融資だとリボ払いは完済が遠い支払であるとして敬遠されがちですが、
ビジネスローンにおいては毎月の支出を一定にすることで事業計画を立てやすくするという利点があります。

 

しかし先ほど述べたように利率は公的融資などよりも利率が高くなりますから、もし入金のめどが立っているのであれば、
そのころに元金を一括返済できるような返済のしかたを選択するべきというケースも出てくるでしょう。

 

ビジネスローンは非常に柔軟に使える便利な融資ではありますが、その真価を発揮させるため、計画は入念にたてることが必要です。

ビジネスローンの思い出とこれからの自分

数年前になりますが、ビジネスローンを借り、大変助かったことがあります。

 

当時は、趣味のパチンコに多額の投資をしていたこともあり、お金に苦しんでいたのです。
友達に言わせれば、自業自得だなどと厳しいことを言われてしまいますが、なかなか趣味というのはやめられないものです。

 

また、クレジットカード会社でキャッシングもしていたものですから、毎月の給料の中から返済に充てる部分もあったのです。

 

私自信は、実際にビジネスローンを利用するまでは、金融機関からお金を借りることについては、恐怖感すら覚えていました。
消費者金融やクレジット会社には、あまりプラスのイメージはもっていなかったのです。

 

昔、起きた厳しい取り立てなどへの報道などが頭にこびりついていたんだと思います。

 

しかしながら、実際に口コミ情報サイトなどを見るうちにその印象は薄れていき、人生で初めてビジネスローンのお世話になることにしました。
申し込みも簡単であり、必要事項を入力して、送信するだけでよかったのです。

 

誰もが知っているような大手の金融機関ですので、私も安心でした。

 

まとまったお金を借りることへの不安は全くの杞憂だったことがわかり満足しました。今はきちんと返済しているところです。

個人事業でビジネスローンを利用する

会社勤めをするのではなく、自分で起業してビジネスを行うようになっています。

 

資金繰りの面で苦労することが多くなっていて、金融機関から借り入れることを検討していました。
銀行で借り入れることができれば良かったのですが、審査に通過することができなかったため、民間で借り入れるしかありませんでした。

 

そこで、ビジネスローンを利用することにしたのです。

 

ただ、ビジネスローンにもさまざまな種類があるため、どのタイプが良いのか迷ってしまいました。
ローンに詳しい専門家に相談しながら、どこで借り入れるかを考えることにしました。

 

種類が少なければ、すぐに決めることができるのですが、予想していた以上に数が多くて驚いてしまいました。

 

ビジネスローンを選ぶ基準としては、担保が必要ないこと、すぐに借りられること、金利が低めであること、などを考えていました。
銀行の融資と比べると、どうしても金利が高くなってしまうため、できるだけ負担を軽減するために、金利の問題は重要だったのです。

 

しっかりと探してみたところ、印象の良いビジネスローンを見つけることができたので、借り入れることにしました。

 

担当者の対応も丁寧で、返済もスムーズに進められています。