銀行系の消費者金融に関するよくある質問

銀行系の消費者金融に関するよくある質問

銀行系って普通の消費者金融と違うのですか?
銀行系消は銀行が出資したり、業務提携や資本提携をした消費者金融です。仕組みとしては一般的な消費者金融と変わりませんが、資金力が豊富なため利用限度額の上限が大きかったり、低金利が期待できる場合もあります。たとえば、一般的な消費者金融では上限額が50万円から300万円ですが、500万円の上限が設定されるところもあります。消費者金融は全国に数えきれないほどあり、信頼度を確認するのは大変ですが、銀行系なら数が限られた銀行が母体となっているので比較的安心して借りられます。

 

総量規制は適用されませんか?
銀行のキャッシングであれば総量規制が適用されないので誤解されやすいのですが、銀行系消費者金融はあくまでも消費者金融であり貸金業法が適用されます。そのため、総量規制の適用があり、年収の3分の1までしか借りることができません。この金額は全ての貸金業者の債務額を合計しますが、既に銀行カードローンに借入がある場合、その金額は加算されません。消費者金融の利用が初めてなら、現在の年収の3分の1を上限に借入が可能になります。

 

銀行系消費者金融のメリットは何ですか?
まず銀行を運営母体とすることで知名度と信頼があり、安心して利用できる点が挙げられます。ネットで消費者金融を検索すると分かりますが、数えきれないほどの業者があり、知名度の高い大手から初めて存在を知る業者もあるでしょう。知らない業者で借りるのは、大丈夫かなと心配や不安も生じます。ですが、銀行系消費者金融は少なくともその銀行の名前を知っているので、信頼を抱きやすく申し込みがしやすいのがメリットです。

 

銀行系の消費者金融とカードローンとの大きな違いはありますか?
申込方法や審査時間、借入れのしやすさなど現在ではほとんど差がなくなっています。大きな違いは、まず、年収の3分の1までしか借りられないという総量規制の適用の有無です。銀行系消費者金融の場合は適用がありますが、銀行の場合は適用がありません。そのため、審査にあたっては収入証明書の提出を求められることがあり、1社で50万円、他の消費者金融と合わせて100万円を超える場合に提出が必要です。一方、銀行は100万円超しや200万円超しなどゆるやかな基準となっています。

 

専業主婦でも借りられますか?
銀行系の消費者金融は総量規制があるので、収入がない専業主婦は原則として借りられません。ただし、総量規制の例外としてご主人の同意を得て、ご主人の借入額と合わせて、ご主人の年収の3分の1まで借りられるケースがありますが、この例外適用をしている銀行系消費者金融は稀です。これに対して、銀行カードローンは総量規制が適用されないので、収入がない専業主婦でも借りられるケースがあります。もっとも、銀行ごとに貸付条件が異なりますので、よく調べるようにしてください。